「Fire TV Cube」

テレビとWiFiにつなげてPrime VideoやYouTube、Netflix、AbemaTV、TVerなど、無料、有料の動画ストリーミングサービスが手軽に利用できるAmazonのFire TVシリーズに、Amazon Alexa(アレクサ)を通じたハンズフリーでの音声操作に対応し、最大60fpsの4K UHDとDolby Visionコンテンツへの素早いアクセスを実現した「Fire TV Cube」が日本にも初上陸します。

2019年11月5日の出荷開始に向けて、本日2019年9月5日(木)よりAmazon.co.jpのサイトにて予約受付が開始されました。

 

>>> 新登場 Fire TV Cube のページへ

 

これまでも、Amazonジャパンではテレビでインターネットの動画サービスに接続できる「Fire TV Stick」「Fire TV Stick 4K」などAmazon Fire TV(アマゾン ファイア ティービー)シリーズを販売してきており、どちらも「Alexa対応リモコン」を手に持って使用することでアレクサを通じた操作は可能でしたが、今回の「Fire TV Cube」では、Alexa搭載スマートスピーカーの「Amazon Ecoh(エコー)」シリーズと同じく、ハンズフリーでの音声操作が可能で、対応している他のスマートホームデバイスなどを接続して音声操作することも可能。

 

B079QRQTCR
Fire TV Stick 4K – Alexa対応音声認識リモコン付属

B071ZF5KCM
Echo 第2世代 – スマートスピーカー with Alexa、チャコール

 

 

 

つまり、これまでのテレビ専用「Fire TV Stick」とスマートスピーカー「Amazon Echo」とが合体したものです。ですので、スマートスピーカーとしてだけでも利用が可能で、ハンズフリーで「アレクサ、今日の天気は?」「アレクサ、タイマーを10分かけて」などの利用も可能です。

 

ちなみに、日本ではこの「Fire TV Cube」は初めて販売されますが、アメリカではすでに昨年第1世代が発売されていましたので、今回販売開始されるのは第2世代のモデルとなります。こちらは参考までに第1世代の「Fire TV Cube」でのプライムビデオのハンズフリー操作の様子です。(英語です)

 


Fire TV Cube Tips & Tricks: Dive Into TV Shows and Movies

 

今回発売された「Fire TV Cube」(第2世代)の販売価格は税込14,980円

スピーカーと8つのマイクアレイと高度なビームフォーミング技術を駆使した遠隔音声認識機能を搭載していて、どの方向からでも音声操作が可能で、「Fire TV Stick 4K」と同じく4K Ultra HD、HDR、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+に対応しながらもプロセッサやストレージは進化し、ヘキサ(6)コア(クアッドコア: 最大2.2GHz + デュアルコア: 最大1.9GHz)と16GBを搭載。

 

「Fire TV Cube」には本体の他に赤外線(IR)延長ケーブルとAmazonイーサネットアダプタを付属。有線LANに接続することで、WiFi環境のない方や、あるいは電波が弱くせっかくの4K動画が存分に楽しめないという方にも安心して利用できるようになっています。

もちろん、Alexa対応リモコンも付属していて、本体の音声認識をオフにして、リモコンからのみアレクサを利用したいという方にも配慮されています。

「Fire TV Cube」

 

また、Bluetooth 5.0 + LEも搭載しているので、対応のBluetoothスピーカーやヘッドフォンとのペアリングで使用可能です。

 

詳しくはAmazon.co.jpの公式サイトでご確認ください。

 

>>> 新登場 Fire TV Cube のページへ