Kindle Paperwhite(32GB)マンガモデル
(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)

 

Amazon.co.jpの電子書籍Kindle(キンドル)本を読む専用端末のKindleシリーズに、マンガ文化の日本においてマンガを快適に読むことが出来る限定モデル「Kindle Paperwhite(32GB)マンガモデル」が本日2016年10月18日(火)より予約販売が開始されました。

 

文字だけの一般の小説などと違ってデータサイズも大きく、かつ、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の全200巻をはじめ、『あさりちゃん(全100巻)』や『NARUTO(全72巻)』など発行巻数も多い日本のコミック本を気軽に持ち運べる大容量32GBのメモリを搭載したこの新モデル。

これは通常のモデルのペーパーホワイトの約8倍の容量になります。マンガなら約700冊、一般の本なら数千冊は収録できます。

 

そのほかにもサイト内の動画で確認してもらえればわかりますが、マンガのページめくりのスピードが従来よりも33%アップした「快速ページターン」機能や、ペ-ジの長押しで早送り出来る「連続ページターン」機能などシステムもバージョンアップしています。(これらは10月末頃のソフトウェアの無料バージョンアップによって他のKindle端末でも対応されます)

 

出荷予定は10月21日(金)の予定で、定価は税込16,280円。

現在Amazonプライム会員限定で4,000円OFFの12,280円にて購入可能です。

 

ちなみにこのマンガモデルはその容量の大きなマンガを主なダウンロード対象にしているため、Wi-Fiモデルのみで+3Gモデルはありません。

また、容量は大きくなっていますが、Kindle Paperwhiteとサイズ(169 x 117 x 9.1mm)も重量(205g)も同じです。(画面サイズも6インチ)

※Amazonの電子書籍Kindle本は専用端末が無くても、PCやタブレット、スマホなどでも閲覧可能です。
読書に特化した専用の端末なので、タブレットやスマートフォンのスクリーンと違い、明るい日差しの中でも光の反射を抑えられていたり(反射抑制スクリーン)、目に優しく本物の紙のような読み心地が再現されています。

また、バッテリーの消費も少なく、スマホなどとの併用時のようにバッテリー残量を気にしなくても良くなります。