ディズニー&ディズニー/ピクサーキャラクターズ ワンダフルスイートパソコン

 

バンダイから2017年に発売された『ディズニー&ディズニー/ピクサーキャラクターズ ワンダフルドリームパソコン』。パソコン型の幼児向けおもちゃながら、JIS配列のキーボドでひらがな入力やローマ字入力、マウス(光学式)の操作などが学べるということで人気になりましたが、今年はそのPC型ラーニングトイが女児向けに特化して『ディズニー&ディズニー/ピクサーキャラクターズ ワンダフルスイートパソコン』となって2018年2月中旬発売予定で、本日2018年1月20日(土)から予約開始されました。

 

前年の「ワンダフルドリームパソコン」と「ワンダフルスイートパソコン」との大きな違いはディズニープリンセスたちを中心にした女の子向けのパッケージやプログラムになっているということ。また、本体も赤からピンクに変更されています。


ディズニー&ディズニー/ピクサーキャラクターズ ワンダフルスイートパソコン 発売前

 

一見パソコン風ですが、あくまで「おもちゃ」ですので、プログラミングしたりインターネットでYouTubeを見たりといったことはできませんが、それでも「マウスの操作」や「JIS配列キーボードの操作」を覚えることができ、本体に収録されているゲームなどで「えいご」「さんすう」「ちえ」「おんがく」「おえかき」などのカテゴリーが楽しく学べます。

 

1.マウスを使ったパズルゲームやお絵かき、塗り絵などを通じてマウスの操作を自然と覚えることができます。
ワンダフルスイートパソコンワンダフルスイートパソコン
ワンダフルスイートパソコン

 

2.キーボードを使ったタイピングの練習ができます。また、日本語表記されたJIS配列準拠のキーボードなので、ひらがな入力やローマ字入力が覚えられます。

ワンダフルスイートパソコン

ワンダフルスイートパソコン

ワンダフルスイートパソコン

 

3.英語のおべんきょうも楽しく学べます。音声も聞こえるので下手な英語教材を買うより安く付くかも?!

ワンダフルスイートパソコン

ワンダフルスイートパソコン

ワンダフルスイートパソコン

 

 

4.数字や算数のおべんきょうも。

ワンダフルスイートパソコン

ワンダフルスイートパソコン

 

5.もちろん日本語(国語)のお勉強では、小学校1年生で覚える漢字もディズニーキャラクターと一緒に楽しんで覚えることができます。

ワンダフルスイートパソコン

 

6.神経衰弱やパズルゲームなどは「ちえ」を育むことができます。

ワンダフルスイートパソコン

 

7.「おんがく」では「アナと雪の女王」や「リトルマーメイド」などのうたを一緒に歌ってたのしんだり、楽器演奏(音と楽器の絵のみ)したりして遊べます。

ワンダフルスイートパソコン

ワンダフルスイートパソコン

 

8.プログラムは8つのカテゴリーで全60種類。難易度別のメニューで3才から小学校入学後まで楽しく遊べるように設計されています。また、学習やゲームをクリアするごとにキャラクター図鑑が完成するという別の楽しみ方も用意されています。

ワンダフルスイートパソコン

ワンダフルスイートパソコン

 

また、これだけてんこ盛りで販売価格は税別14,800円(税込15,984円)です。

その他に別途単3乾電池4本か、「バンダイ ACアダプター Bタイプ」が必要です。

ちなみにプレスリリースの段階では2月10日発売、公式サイトでは2月中旬発売となっていましたが、Amazonで見ると発売日が2月28日になっています。トイザらスオンラインでは発売予定日が2月10日予定のままですので、詳細は各ショップでご確認下さい。

 

※先着で「キラキラデコレーションシール」がもらえるトイザらス・ベビーザらスオンラインはこちら

 

『ワンダフル”ドリーム”パソコン』はこちらからどうぞ。発売から1年ほどになりますので、おおよそ税込1万円前後で販売されています。(※Amazonや楽天、Yahoo!などのオンラインショップは中古業者や転売業者が混ざっていることがありますので、ご購入の際には販売会社や新品・中古の表示にご注意下さい)

 

(C)Disney
(C)Disney/Pixar
(C)Disney. Based on the “Winnie the Pooh” works by A.A. Milne and E.H. Shepard

※商品仕様等は予告なく変更になる場合があります。
※掲載している写真は開発中のため、実際の商品とは多少異なる場合があります。