『亀田の柿の種 ギャラクシーミックス』

米菓売上No.1のご存知「亀田の柿の種」。

1966年の発売以来、人気・定番のおつまみですが、その「亀田の柿の種」を宇宙日本食にするための開発が2014年にスタートし、2016年には「亀田の柿の種」発売50周年を迎えたことにより、節目の挑戦として宇宙日本食認証の正式な開発プロジェクトとして推進され、翌2017年にJAXAに申請。ついに 2017年8月7日に宇宙日本食認証を取得(JAXA認証No-JD011)されたそうです。

 

宇宙日本食認証を取得(JAXA認証No-JD011)

宇宙日本食の認証を受けた「亀田の柿の種」

宇宙日本食の認証を受けた「亀田の柿の種」

宇宙日本食の認証を受けた「亀田の柿の種」

★宇宙仕様の包材

宇宙日本食の「亀田の柿の種」は90mm×90mm×40mmのトレーに入っていて、トレーの蓋と外側底面にベルクロがついていて、繰り返し蓋を開閉したり、固定された場所にくっつけることができるようにするなど、無重力の宇宙でも飛び散ることなく食べられるよう工夫されています。そのトレーをJAXAが開発した銀色のフィルムに包んであります。

★品名(和文/英文)】亀田の柿の種(宇宙食)/Rice Crackers (Kakinotane with Peanuts)

【賞味期間】1年6カ月

【内容量】合計35.0g(柿の種とピーナッツは約6:4の割合で入っています)

【内容物】市販されている「亀田の柿の種」と原料・製法は同じです(一部使用設備が異なります)。「亀田の柿の種」の特長であるカリッとした食感を宇宙でもお楽しみいただけるようになっています。

※宇宙日本食に認定されたフィルムパウチ包装の「亀田の柿の種」は、現在販売の予定はありません。

 

 

あれから2年。今年2019年から2020年にかけて、国際宇宙ステーションへ民間宇宙船による宇宙飛行士の輸送が予定されていることで、「亀田の柿の種」がついに宇宙へと旅立つ可能性が見えてきたとか。それを記念して『亀田の柿の種 ギャラクシーミックス』が2019年10月末までの期間限定で発売されました。

『亀田の柿の種 ギャラクシーミックス』は「亀田の柿の種」シリーズ初の宇宙をテーマにした商品で、「燃える隕石柿の種」は、まるで隕石のように真っ赤なホットチリソース味の柿の種で、そこに真っ黒な黒こしょう味の衣がけ大豆「ブラックホール豆」を組み合わせた商品になっています。

小分けされた5袋入1パック(125g)の商品で、販売価格はノンプリントプライス(参考小売価格 280円前後)。

個包装の裏面には全10種類の「宇宙こばなしのたね」も記載されています。

ちなみに「No.6 地球1周90分!」の記載には誤りがあったとのことで公式サイトにて訂正されています「。

(誤):国際宇宙ステーション(ISS)は地球の周りを秒速約8km(時速2,800km)で周っています。
(正):国際宇宙ステーション(ISS)は地球の周りを秒速約8km(時速29,000km)で周っています。

 

販売期間わずか1ヶ月という、今しか食べられないレアな『亀田の柿の種 ギャラクシーミックス』を、秋の夜長のお酒のタネにいかがでしょうか。

スーパーマーケットなどで見かけたら、ぜひゲットしてみてください。

 

created by Rinker
亀田の柿の種
¥1,297 (2019/10/21 21:25:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

※米菓売上No.1とは、 インテージSRI調べによるもので、せんべい/あられ2018年9月~2019年8月累計販売金額(亀田の柿の種ブランド計)です。