「スペアミントガム」「マンゴスチンガム」

最近ではグミやボトル入り粒ガムなどに人気を奪われ、売り場からの影が薄くなっている板ガム。

昭和や平成の初期の時代はガムといえば板ガム。中高齢者には懐かしく、最近の若者には逆に新しいレトロな商品の一つで、ロッテでは昨年「クイッククエンチ-Cガム」や「コーヒーガム」を復刻発売されています。

そんな復刻板ガムに本日2023年4月18日(火)より「スペアミントガム」と「スペアミントガム」が仲間入りしました。

「スペアミントガム」は1954年から1997年頃まで販売(一部2012年頃まで)。当時の「ガムと言えば、こどものお菓子」というイメージを覆した大人向けの本格的なミントガムで、昨年2022年4月12日~5月31日までの機関にロッテで実施した「あなたの推しガム総選挙」において「スペアミントガム」は、40~60代で3位、70代以上で1位にランクイン。

そんな「スペアミントガム」が復活しました。

 

また、「スペアミントガム」は1995年から2000年頃まで販売されていたもので、1990年代当時「果物の女王」と称されていたマンゴスチンの味を手軽にガムでも楽しめるようにと開発されたもので、スッキリとした甘さと酸味のある華やかな味わいが楽しめるガムで、23年ぶりに復活です。

スッキリとした甘さと酸味のある華やかな味わい

 

created by Rinker
ロッテ
¥1,280 (2024/04/14 17:46:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ロッテ
¥1,725 (2024/04/14 23:55:57時点 Amazon調べ-詳細)