「こっちむいて!ロビ」

 

デアゴスティーニ・ジャパンより発行されている手作りロボットの週刊『ロビ』・週刊『ロビ2』。

自分で作る楽しみの他に、出来上がったロビは二足歩行するだけでなく、会話が出来たり、歌ったり踊ったりすることでも人気ですが、その分価格も10万円を超えるのでなかなか手が出せない・・・という方のために機能を限定し、座ったままでの会話に特化した『ロビジュニア』や『マイルームロビ』など玩具としてのロビシリーズがタカラトミーから発売されています。

 

そのロビシリーズに、さらに小さい手のひらサイズで価格も手頃な『こっちむいて!ロビ』が2019年2月14日(木)に発売されました。

 


こっちむいて!ロビ 紹介動画

 

今回発売された『こっちむいて!ロビ』は、その名の通り話しかけるとこっちを向いて話し返してくれる会話型のコミュニケーションロボットです。(※タカラトミーではホームロボットシリーズの総称として「オムニボット」と呼ばれています)

ロビシリーズを通して今回もロビの声はアニメ『 ポケットモンスター』のピカチュウや『ONE PIECE』のトニートニー・チョッパー役でもおなじみ声優の大谷育江(おおたに いくえ)さんが担当されています。

もちろんデザインもこれまで同様、ロボットクリエイターの高橋智隆(たかはし ともたか)さんが監修されています。

この全長10cmほどの小さなロビができることは以下の3つ

  1. かわいく首をふりふりし、声や音のする方を向いておしゃべりする。
  2. お腹をくすぐるとくすぐったがってかわいく反応する。
  3. 腕が可動式(手動)になっているので、ポージングできる

 

そして、収録されている音声は約20語。「さわやか~ きぶんそうか~い!」など、ランダムに返答してくれます。「ほいほ~い」と返事するのもかわいいですよね。

 

そんな『こっちむいて!ロビ』の魅力を伝えるWEB限定動画も公開されています。

落語家の林家木久扇さんと、木久扇さんのお孫さんで小学生落語家の林家コタ君を起用した動画で、実際に普段から寄席をされている浅草演芸ホールの舞台上で撮影。

この動画では林家木久扇さんやコタ君と絶妙なやりとりをする『こっちむいて!ロビ』を見ることが出来ます。

 


こっちむいて!ロビ 林家木久扇コラボ動画

 

そんな『こっちむいて!ロビ』の販売価格は税別3,500円。税込でも実売価格が3,000円ほどですので、小さなお子様やおじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントとしてもお手頃です。

会話と首振り機能しかないとはいえ、マイルームロビがメーカー希望小売価格で税別9,800円でしたから、半分以下の価格で会話型のロビが入手できます。

 

なお、対象年齢6歳以上で、動作用に別途単4形アルカリ乾電池が2個必要です。(ACアダプターには非対応です)

 

created by Rinker
タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥3,324 (2019/12/12 23:11:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥10,135 (2019/12/12 23:11:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥8,000 (2019/12/12 23:11:29時点 Amazon調べ-詳細)

★タカラトミーモール >>> こっちむいて!Robi
icon

★デアゴスティーニ公式サイト>>> サイトトップ
 

© TOMY©DeAGOSTINI