「ドラえもん人生ゲーム」「ドラえもん危機一発」

 

誰もが知っている国民的人気キャラクターの「ドラえもん」とタカラトミーの人気ボードゲーム「人生ゲーム」がコラボして、ドラえもんの世界がボード上で楽しめるパーティーゲームの「ドラえもん人生ゲーム」と、同じく樽に剣を刺していって当たり(ハズレ)の場所に刺されば樽から黒ひげ人形が飛び出す人気パーティーゲームの「黒ひげ危機一発」のドラえもんバージョン「ドラえもん危機一発」の2種が2019年3月28日(木)に発売されます。

 

「人生ゲーム」は昨年発売から50年を迎え、「黒ひげ危機一発」も来年で45周年になるロングセラー商品。おなじく人気キャラクターの「ドラえもん」が誕生したのは1969年でこちらも今年で50週年をむかえ、テレビ朝日でアニメの放送が開始されてからは40周年を迎えます。

そんな国民的キャラクターと国民的パーティーゲームとがコラボした2商品が発売。

ドラえもんは様々なものとコラボしているので、逆に今まで無かったのが不思議なくらいです。

(「ドラえもん 危機一発」は映画「STAND BY ME ドラえもん」とコラボした『STAND BY ME ドラえもん 危機一発』が2014年に発売されています)

 

 

 

1.「ドラえもん人生ゲーム」

「ドラえもん人生ゲーム」

「ドラえもんの世界に飛び込んで夢をかなえよう!」がテーマになっているこのゲームでは、のび太の住む町からスタートし、ひみつ道具を手に入れながら「DP(ドリームポイント)」を集め、ゴールでDPを一番多く持っている人が勝ちとなるゲームです。

 


タカラトミー「ドラえもん人生ゲーム」TVCM

 

通常はお金になっているものが、ドリームポイントになっているのが大きな違いで、ゲームのシステムとしては同じで、ルーレットを回して出た数の分だけコマをすすめ、そこに書かれている指示に従うというシンプルなすごろくゲーム。

また、家やビルなどの建物の代わりに「ひみつ道具」を配置しているのも違う点ですね。

自動車コマの上に乗せるキャラクターはおなじみの「のび太」、「しずかちゃん」、「ジャイアン」、「スネ夫」の4人。

「ドラえもん人生ゲーム」

ドラえもんは最初は土管の上に座っていて、途中で自動車コマの後ろに乗せて、ゲームを有利に進めることができるようにもなります。

「ドラえもん人生ゲーム」

「ドラえもん人生ゲーム」

「ドラえもん人生ゲーム」

 

ひみつ道具も「ひみつ道具カード」として100種類が用意されているほか、定番のタケコプターや「どこでもドア」「タイムマシン」「もしもボックス」などは立体パーツとしても用意されています。

「ドラえもん人生ゲーム」

対象年は6歳~、販売開始は税別4,500円となっています。

 

created by Rinker
タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥3,341 (2019/11/13 05:51:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

2.「ドラえもん危機一発」

「ドラえもん危機一発」

こちらはご存知「黒ひげ危機一発」ゲームと同じですので説明するまでもないと思いますが、公式ルールとしては通常の「黒ひげ危機一発」では、タルの穴へスティックをひとりずつ順番にさしていき、黒ひげくん人形が飛び出した人が負けとなりますが、この「ドラえもん危機一発」では「ドラえもん」がタルから飛び出したら、勝ちになるルールです。

 


ドラえもん危機一発 PV映像

これは、“タルにスティックをさして「ドラえもん」に来てもらおう!”というコンセプトのもと、「ドラえもん」が タルから飛び出したら“呼び出し成功”という設定のためです。

まぁただのゲームですので、自分たちで好きなようにルールを決めれば良いんですけどね(笑)

そのほか、スティックには得点設定などもされているので、スティックに描かれたイラストを利用した「スティックで点数競争!」というゲームなども紹介されています。(動画参照)

 

メーカー希望小売価格は税別2,300円、対象年齢は4歳からとなっています。

created by Rinker
タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥1,708 (2019/11/13 05:51:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

2014年に発売された『STAND BY ME ドラえもん 危機一発』は、ドラえもんがおしゃべりします。

created by Rinker
タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥4,800 (2019/11/13 05:51:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

©1968,2019 Hasbro.All Rights Reserved.
©Fujiko-Pro,Shogakukan,TV-Asahi, Shin-ei,and ADK
© TOMY