ストップモーション・アニメーション作品 『ウルトラソフビワールド』

 

1983年に販売開始され、2023年の今年で40周年を迎え、全世界累計1億個以上の出荷を誇るウルトラマンシリーズに登場するヒーロー・怪獣のソフトビニール製人形、通称「ウルトラソフビ」シリーズ。

 

その人気玩具「ウルトラソフビシリーズ」によるストップモーション・アニメーション(通称コマ撮りアニメ)を主体としたオリジナルのWEBドラマ『ウルトラソフビワールド』(全8話)が制作され、、YouTube「バンダイ公式チャンネル」/「TSUBURAYA IMAGINATION」にて日本時間の2023年1月21日(土)9:30より全世界に向けて無料配信されます。


【ウルトラソフビワールド】ティザー映像公開!

 

配信は毎週土曜日朝9時30分に1話ずつ更新され、3月11日(土)までの全8話を配信予定。

ちなみに1話完結型の短編ストーリーとのこと。

 

『ウルトラソフビワールド』の概要は以下。

■あらすじ

ウルトラマンが大好きな小学一年生の男の子、ハルトくん。

いつもたくさんのウルトラソフビに囲まれ、お部屋でごっこ遊びやバトル遊びをしている。

ある日ハルトくんが眠りにつくと、突然プラズマスパークタワーが現れおもちゃ箱のソフビ達に生命を与える。ソフビ達はハルトくんの知らないところで様々な物語を紡ぎ出すのだった――。

『ウルトラソフビワールド』(全8話)

ストップモーション・アニメーション作品 『ウルトラソフビワールド』

 

■脚本・シリーズ構成

円谷プロダクション完全監修にて『ウルトラソフビワールド』の新規ストーリーを制作。

脚本・シリーズ構成はウルトラマンシリーズの映像作品に多数携わり、2022年4月より円谷プロダクションから独立してフリーで活躍する足木淳一郎氏が全話担当。

小さなお子様からウルトラマン好きの大人の方まで幅広くお楽しみいただける作品となっております。

 

■映像制作

映像制作は映像プロダクションMagniFIKAを中心に、日本屈指のストップモーション・アニメーターたちがチームを組んで担当。アニメーションディレクターの大石拓郎氏を中心に、アニメーションをオカダシゲル氏が担当。ワタナベサオリ氏が1話目の絵コンテを担当しています。

ソフビならではの限られた可動域を活かしたコミカルな演出を交えつつ、登場するソフビそれぞれのキャラクター性をしっかりと表現しています。

 

毎週土曜日の朝9時半をお楽しみに!!

【配信先】

YouTube「バンダイ公式チャンネル」: https://www.youtube.com/user/BandaiJP

TSUBURAYA IMAGINATION      : https://imagination.m-78.jp/

※TSUBURAYA IMAGINATIONでご覧いただくには会員登録が必要となります(登録無料)。

 

(C)円谷プロ