ハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10(インスタックス スクエア エスキューテン)」

撮ったその場で写真をプリントアウトすることが出来るインスタントカメラの「チェキ」がデジタルカメラと融合。撮ったその場で画像を確認、加工してプリントアウトすることが可能になったハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10(インスタックス スクエア エスキューテン)」とその専用スクエアフォーマットフィルム「instax SQUARE Film」を本日2017年5月19日に発売しました。

 


instax SQUARE SQ10 特長紹介MOVIE「HANDS」/富士フイルム

 

良くも悪くも一発勝負だったチェキにデジカメの良さでもある確認、保存、加工が加わり、すぐにその場で写真にして実際に見たりメモしたりとその使い方に物凄く幅が出来ました!!

チェキの良さは手軽にその場でプリントできることと、昔ながらの出来上がるまでどんな写真かわからないというところにもありましたが、パーティーなど大人数の場合は焼き増しが出来ないことが残念でしたが、これで同じ写真を何枚もプリントすることがその場で手軽に出来ますね。

 

そんなハイブリッドなインスタントカメラですが、中身も充実しています。

  1. 自動露出調整、人物検出、オートフォーカスといった新機能を備え、室内などの暗い場所や逆光下、10cmまでの近距離撮影でも簡単にイメージ通りの写真が撮影
  2. 10種類のフィルター機能や画像の周辺部分の光量を19段階に調整できるビネット機能、そして19段階の明るさ調整機能という3つの主要機能を、組み合わせることでさまざまな写真表現が可能
  3. 編集、加工、プリントの操作ボタン・ダイヤルをカメラ背面の1か所に集約し、操作状況をLCDモニターと連動させることでシンプルで直感的な操作性を実現

なかでもこの編集や加工が画面を見ながら直感的にジョグダイヤルで操作できるのは簡単でいいですね。

 

こちらはスーパーモデルのヘレナ・クリステンセンが写真を撮る側になったというイメージ動画

 


instax SQUARE SQ10 PV「あるクリエイティブの目覚め」篇60秒/富士フイルム

 

また、その他にもシャッターを2回押すことで1枚のフィルムに2つの画像を重ねることができる二重露光や、夜景や光跡などを撮影できるバルブ撮影機能も搭載していたり、シャッターが左右に2箇所搭載されているので、右手でも左手でもどちらでも素早く写真を撮ることが出来て、シャッターチャンスを逃しません。

 

その他の大まかな特徴としては

  • 充電式バッテリーでは、1度の充電で約160枚まで撮影可能
  • 内蔵メモリーには約50枚保存可能
  • microSD/microSDHCメモリーカード対応で1GBあたり約1000枚保存可能
  • 画面サイズ 62mm×62mmの「1対1」のアスペクト比
  • 最大9コマまでのサムネイルプリント可能
  • 本体重量はわずか450g(フィルムパック、バッテリーを含む)

と言った感じでしょうか。

あと、液晶の画面にある写真がそのままスライドして現実の写真になって出て来るという感じの仕掛けも見ていて楽しいですね。

 

販売価格はオープン価格ですが、実売価格は専用フィルムとセットで税込3万円前後と言った感じでしょうか。これからジューンブライド、海水浴にキャンプにと、夏に向けてみんなで写真を撮る機会も増えますので、持ってるだけで人気者かもしれませんね。