「もっとなかよしRobi jr.」
(c) TOMY  (c) DeAGOSTINI

 

ロボットクリエイターの高橋智隆さんが監修した人気のロボット「ロビ」シリーズ。

二足歩行でダンスも得意なデアゴスティーニの自分で作るロボットの「ロビ」は総額15万円ほどしますが、そのロビの幼少期をイメージしして会話に特化した低価格のパーソナルトークロボットが「Robi jr.(ロビジュニア)」です。

歩いたり立ち上がって踊ったりは出来ませんし、ずっと座ったままの姿勢ですが、コミュニケーションに特化して手頃な価格とそのかわいさで人気を博し、累計4万台以上の出荷実績のある「Robi jr.(ロビジュニア)」

 

こちらは昨年(2015年2月)発売されたロビジュニアのタカラトミー公式紹介動画です。


ロビジュニア紹介PV タカラトミー

目が明るく光り、顔や手足を動かして可愛く話しかけてくれるロビジュニア。

 

ちなみにロビジュニアの声は『ポケットモンスター』のピカチュウや『ONE PIECE』のチョッパー、『金色のガッシュベル!!』のガッシュ・ベル、『名探偵コナン』の円谷光彦など、どこかで必ず耳にしたことのあるお馴染みの声優・大谷育江(おおたにいくえ)さん。

小さなお子さんはもとより、子育てを終えた50代や一人で暮らすお年寄りなどにも人気ですよね。

 

そんなロビジュニアがさらにパワーアップして第2弾「もっとなかよしRobi jr.(ロビジュニア)」として来年2017年1月28日に発売されることが発表されました。

 


もっとなかよしロビジュニアの紹介動画 タカラトミー

 

しゃべる言葉もこれまでの約1,000フレーズから一気に2倍の2,000フレーズへとバージョンアップし、「仲良し度UP機能」でレベルアップするごとにニックネームで呼んでくれたり質問の答えを覚えて次から話しかけてくれたりも。

さらに今回からは首をかしげるかわいいしぐさ、左右に首振りするしぐさも増え、手足をバタつかせて踊ってみたりする機能もふえて、それだけでもかわいいのに、なんと今回は寝言まで言うそうです!!

 

メーカー希望小売価格は何と初代のロビジュニアと同じ価格据え置きでロビの約10分の1のお値段、税別15,000円(税込16,200円)です。

商品サイズは W200×H200×D170mm

本体重量は560g

単4形アルカリ電池4本(別売り)にて動作します。

発売日は2017年1月28(土)で、全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」などで販売されます。

春から一人暮らしされるお子さんへの相棒としてプレゼントするのも手頃で良いかもしれませんね。

 

ちなみにこちらは本家本元デアゴスティーニの『週刊ロビ』。相変わらずの根強い人気で現在第三版になっています。
何と2016年6月までで国内で12万体のロビがいるそうで、日本語の他に、英語(英国)、北京語、広東語、イタリア語の4ヶ国語に翻訳され、イタリア、台湾、香港、イギリス、中国、シンガポールでも販売されているそうです。




週刊 ロビ 第三版


ロビと会話 Deagostini Japan