「コピックアワード2022」

 

定番アルコールマーカー「コピック」を製造・販売する株式会社トゥーマーカープロダクツ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 剛太)では、コピックを使った作品コンテストの第5回目となる「コピックアワード2022」を2022年7月1日より開催。本日2022年6月1日(水)よりエントリーの受付が開始されました。

 

コピックアワードは「世界中のコピックユーザーとつながる」ことをコンセプトにした、ウェブ上で作品を募集するコンテストで、昨年2021年度は世界94カ国から5,183点もの応募作品が集まって開催されています。

応募作品に関しては、テーマも自由で応募者の年齢、職業、国籍も問わず。

また、作品は平面、立体も問わずですが、サイズはL420mm×W297mm×D300mm(A3サイズ)以内、重さ5kg以内で制作という規定はあります。そのほか、あくまでもオリジナルの作品であることが重要で、アニメのキャラクターなど他者の知的財産権と著作権を侵害(盗作、模倣など)する二次作品などは応募できません。

 


[COPIC AWARD 2022] ENTRY PERIOD 7/1 – 9/15, 2022 [コピック作品募集!]

 

 

作品受付期間は 2022年7月1日(金)(日本時間 12:00)~2022年9月15日(木)(日本時間 23:59)まで。

一次選考発表は2022年11月、最終結果発表は2023年2月の予定。

グランプリ受賞者には賞金3,000USドルとコピックスケッチ全色(358色)、記念トロフィーが贈呈されます。

「コピックアワード2022」

 

 

ちなみに3,000USドルとは、本日現在のレートで言えば1ドル約130円ですので、約39万円です。

なお、本年度より株式会社Too Digital Marketplaceが協力されていて、副賞として受賞作品をNFT化する権利もあわせて贈呈されます(※未成年の受賞者の作品は原則対象外となります)。

NFT化されると、Too Digital Marketplaceが運営するコピックアワードのNFT作品ショップで販売することが可能ですので、さらなる収入や飛躍するチャンスにもなりますね。

 

その他各賞品等は以下です。

・グランプリ(1名、賞金 3,000USドル、賞品 コピックスケッチ全358色セットほか)

・準グランプリ(2名、賞金 1,000USドル、賞品 コピックスケッチ全358色セットほか)

・次世代アーティスト賞グランプリ(1名、賞品 コピックスケッチ全358色セットほか)

・審査員賞(5名、賞品 審査員サイン入りコピックセットほか)

・SNS賞(1名、賞品 コピックチャオ全180色セットほか)

・pixiv賞(1名、賞品 コピックスケッチ72色セット、pixivプレミアム1年分、pixivion単独インタビュー、書籍「VISIONS 2022 ILLUSTRATORS BOOK」)

・クラフト賞(1名、賞品 コピックスケッチ72色セットほか)

・エリア賞(5名、賞品 コピックスケッチ72色セット)

・次世代アーティスト賞(100名、賞品 記念品セット)

・キッズ賞(3名、賞品 コピックチャオ180色セット)

 

なお、特別賞の「次世代アーティスト賞」は18歳以下の応募者の作品のなかから選ばれ、さらに今年は応募者の幅が広がってきていることから初の「キッズ賞」も設けられています。

審査員には『ちはやふる』の末次由紀 氏(漫画家)や一乗ひかる 氏(イラストレーター)、押元一敏 氏(東京藝術大学デザイン科准教授、画家)、根津孝太 氏(デザイナー)、木村絵理子 氏(キュレーター、横浜美術館・主任学芸員)などの方々が参加されています。

詳しくは【コピックアワード公式ウェブサイト】にてご確認、ご応募下さい。

日本版: https://copicaward.com/ja/

英語版: https://copicaward.com/

 

created by Rinker
.too
¥13,497 (2022/12/05 09:58:18時点 Amazon調べ-詳細)