オタフクソース『お好み焼にまつわるエピソード』エッセイ募集

お好み焼きのソースといえばオタフクソースというくらいに有名なオタフクソース株式会社では、2022年11月26日に創業100周年を迎えるに当たり、記念事業として『お好み焼にまつわるエピソード』エッセイを募集開始されました。

オタフクソースでは過去にも1998年、2008年、2014年の3回にわたってお好み焼エッセイを募集し、そのエッセイ集を発行されています。

 

これまでの応募総数はのべ約3,500作。今回も応募された作品の中から50作品を選びエッセイ集としてまとめられる予定で、選者は『ビタミンF』で直木賞を受賞している重松清氏。

そして、賞金総額は100周年にちなんで100万円となっています。

 

賞金内訳は重松清賞(3作品)10万円、優秀賞(9作品)5万円、佳作(12作品)1万円、入選(26作品)5千円、お好み焼キッズ賞(小学生以下/ 3作品)図書券5千円分 あわせて、エッセイ集5冊ずつ、オタフク商品詰め合わせを贈呈となっています。

応募募集期間は2022年5月31日まで。WEBやメールでの応募の場合は当日23時59分受付分まで、郵送応募の場合は当日消印有効となっています。

 

応募要項としては1.エッセイのタイトル 2.「お好み焼にまつわるエピソード」エッセイ800~1000文字  3.必要事項(郵便番号、ご住所、お名前(ふりがな)、年齢、メールアドレス、電話番号)を記入しての応募で応募先は下記です。

 

【W e b】専用フォーム(https://www.otafuku.co.jp/sp/100thessay

【E-mail】otafuku100th@okonomiyakiessay.com

【郵 送】〒732-0052 広島市東区光町1丁目8-20 「お好み焼エッセイ事務局」

 

なお、参考までに2作目「お好み焼 57枚の思い出 あの日、あの味、あの笑顔。」に掲載された作品がプレスリリースに紹介されています。

 

祖母の記憶の中で

今年米寿を迎えた祖母に、認知症の症状が出始めた。はやくに夫を亡くし、女手一つで父を育て上げた気丈な祖母だっただけに、その目から抜け落ちた力に周りの人々の落胆は大きかった。

祖母や祖母を囲む皆を元気付けようと、祖母にとってひ孫にあたる娘達を連れて実家に帰った時のことだ。祖母は自分の生んだ息子のことも時々忘れてしまうくらいだから、私のことも分からなくなってしまったかもしれないという恐ろしさも帰省には多少あった。

案の定、久しぶりに見た私に祖母は恭しく頭を下げ、丁寧に初めましてのあいさつをした。

そして、夫に先立たれたこと、苦労したことなど、自分の境遇をはじめて会う人に説明するように話した。覚悟はしていたものの、25年以上一緒に暮らした祖母の記憶の中に、私の影がなくなってしまったことに愕然とするとともに、泣きたい気持ちになった。

その日の夕食。昔から我が家では、私の誕生日に鉄板を囲み、私の好物のお好み焼を皆で焼く習慣があった。私がお嫁に行ってからは、実家でもほとんどお好み焼を焼くことがなくなってしまっていたらしいので、その日は誰の誕生日でもないけれど、久しぶりに祖母を囲んで皆でお好み焼を焼くことにした。祖母はお好み焼を囲むみんなの顔を見回して、終始嬉しそうにしていた。焼きあがってさあ食べようという時、

祖母が

「まだ食べちゃダメだよ。まだ帰ってきてないよ。何回目の誕生日だったっけね。もう5歳になったかね。耄碌して孫がいくつになったか忘れてしまったよ。いけないね」

と笑いながら孫である私の名を呼んだ。祖母の中で私は5歳の孫のままだった。そして、目の前にいる三十路を過ぎた現実の孫の私に、祖母の中にいる5歳の孫の私のかわいさを話し始めた。

私はお好み焼を焼く煙の中で涙を隠すのが精一杯だった。大好きだった祖母にとって私は忘れられてしまった存在だと思っていた。けれど、私は祖母の記憶の中で確かに存在していたのだ。お好み焼を焼く香ばしい香りとその香りや味と一緒に流れている思い出の中に。

~『お好み焼57枚の思い出 あの日、あの味、あの笑顔。』より~

 

入賞された方には、2022年7月下旬に、事務局よりメールもしくは電話で連絡されます。

その他応募に際しての注意事項は以下

  • 応募いただいたエッセイは、返却できません。
  • 応募いただいたエッセイは、オタフクソース(株)に帰属します。
  • 審査の上、入賞作品は2022年10月発行(予定)の「お好み焼エッセイ集(冊子)」に掲載させていただきます。
  • エッセイ、都道府県名、お名前は、エッセイ集以外に弊社ホームページ、ラジオなどで紹介させていただくことがございます。その場合は事務局よりメールもしくは電話で連絡させていただきます。
  • ペンネームでも応募いただけます。
  • ご紹介するエッセイには一部修正を加える場合がございます。
  • 応募1通につき1作品とさせていただきます。
  • お一人様何通でも応募可能です。
  • お預かりした個人情報は、賞品の発送および本件に関する諸連絡以外の目的では使用しません。

 

※RCCラジオで放送中の「お好み焼のある風景」とは別の応募ですが、ご参考までにどうぞ。


お好み焼のある風景 第1回優秀作品「父とお好み焼き」こぼり さき(広島県)


お好み焼のある風景 第14回優秀作品「祖父とわたしの『おつまみ』」ちょうの ゆきね(栃木県)

 

created by Rinker
¥210 (2022/05/24 09:29:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥614 (2022/05/24 09:29:45時点 Amazon調べ-詳細)