レジ袋有料化
出典:経済産業省ウェブサイト(https://www.meti.go.jp/)

 

いよいよ2020年7月1日(水)より、プラスチック製レジ袋の有料化が義務化され、原則無料配布が禁止されます。

義務化に先立ち、前倒しで有料化することを政府が推奨していることから、一部のお店ではすでに実施されているところもあります。コンビニなどでも7月1日より有料化されますが、イオン系列のミニストップではすでに有料化が実施されていますのでレジで驚かれた方も多いのではないでしょうか。(2020年6月現在全サイズ税別1円)

 

なお、有料化では最低1円以上での販売が義務化されていますが、例外として環境性能が認められ、その旨の表示(認証マークなど)がある以下の3点のプラ製レジ袋は対象外となっています。

レジ袋有料化の例外
出典:経済産業省ウェブサイト(https://www.meti.go.jp/)

 

  1. プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの
    繰り返し使用が可能であることから、プラスチック製買物袋の過剰な使用抑制に寄与するためです
  2. 海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの
    微生物によって海洋で分解されるプラスチック製買物袋は、海洋プラスチックごみ問題対策に寄与するためです
  3. バイオマス素材の配合率が25%以上のもの
    植物由来がCO2総量を変えない素材であり、地球温暖化対策に寄与するためです

 

これらを踏まえて、大手牛丼チェーン店の「吉野家」及び「すき家」、「ケンタッキーフライドチキン」や「マクドナルド」など大手チェーン店では植物性バイオマス素材を25%以上配合しているレジ袋を使用することで7月以降もプラスチック製レジ袋を無料配布されることを発表されています。

 

ケンタッキーフライドチキンなどは紙袋だけだと油が浸透してくるのでマイバッグに入れるのはちょっと・・・と思われていた方も多いと思いますのでこちらもありがたいですね。牛丼などの汁物などはなおのことマイバッグでの持ち帰りをためらいそうですが、こちらもありがたいですね。(100%のエコ素材ではないので本来の環境問題はさておき)

 

 

ちなみにコンビニではセブン‐イレブンファミリーマートローソンの大手コンビニ3社も植物性バイオマス素材を25%以上配合しているレジ袋に切り替えられますが、レジ袋自体は有料での販売(サイズに応じて価格も異なります)となりますが、北海道内を中心に展開している「セイコーマート」では、バイオマス素材の配合率が30%のレジ袋に切り替えても7月以降も当面の間は無料で対応されるそうです。

 

なお、紙製のレジ袋はもともと義務化にはなっていませんので、プラスチック製レジ袋を撤廃し紙袋に全面切り替えした「モスバーガー」や「無印良品」などでは紙製レジ袋の無料配布を継続。

さらに無印良品では大きなサイズの商品やまとめ買いのとき用の大型の「再生ポリプロピレン製リサイクルバッグ」3サイズが各150円(税込)で販売されますが、不要となった場合は無印良品全店で返品可能にもなっています。

 

created by Rinker
サーモス(THERMOS)
¥2,064 (2020/09/28 18:33:23時点 Amazon調べ-詳細)