「ピカッとシグナル!GOGO発車ステーション」

昨年発売60周年を迎えたタカラトミーの鉄道玩具「プラレール」にシリーズ初の機能をたくさん盛り込んだ最新商品「ピカッとシグナル!GOGO発車ステーション」が2020年8月6日(木)に発売されます。


【プラレール】ピカッとシグナル!GOGO発車ステーション徹底解剖

①プラレール史上初!大迫力の3線一斉発車!

①プラレール史上初!大迫力の3線一斉発車!

「ピカッとシグナル!GOGO発車ステーション」では、3車線を組み込むことができるので、プラレール史上初となる3線一斉発車が可能になっています。

コントローラーも各路線ごとのGO-STOP(発車/停車)が可能な3本のレバーの他に3線が一斉発射できる4本目のレバーも搭載されています。お子様たちの「たくさんの車両を同時に操作してみたい!」という声に答える形でシリーズ初搭載されています。

さらに3線一斉発車を盛り上げる、光とサウンドの演出ギミックも搭載されています。

 

 

②プラレール史上初!3色に光るシグナルトンネル!

「ピカッとシグナル!GOGO発車ステーション」

車両が通過するシグナルトンネルは、レバー操作に連動してストップ時は赤色、発車時は緑色という“実際の信号に合わせた色”に光るので、信号機の色の意味も学べます。また、3線一斉発車では特別な光の演出(黄色)になっています。

ちなみに光るシグナルトンネルは透明度が重要なパーツである一方、おもちゃとしての強度も重要であるため、鮮明に光って見せるための透明度と強度の両方を兼ね備える設計を目指し、苦労と工夫を重ねた部分の一つとなっているそうです。

 

 

③プラレール史上最多!5車種のサウンドモードを搭載!100パターン以上の豊富な列車サウンド!

「ピカッとシグナル!GOGO発車ステーション」

「ピカッとシグナル!GOGO発車ステーション」では、プラレール史上最多となる新幹線、通勤電車、特急列車、貨物列車、SLの5車種のサウンドモードを搭載し、さらにそれぞれに合わせたアナウンス、走行音、構内サウンドを鳴らすことができ合計で100パターン以上の豊富な列車サウンドを楽しめます。

「ピカッとシグナル!GOGO発車ステーション」

 

 

 

④プラレール史上初!最新の駅をイメージし、コンコースを取り入れた新駅!

「ピカッとシグナル!GOGO発車ステーション」

近年の商業施設が一緒になった大型駅で見かける光景を再現するべく、「ピカッとシグナル!GOGO発車ステーション」ではシリーズ初となるコンコース(大通路・中央広場)を取り入れた新駅の仕様となっています。

別売りの「プラキッズ」を立てるためのスタンドもついているので、人で賑わう駅の雰囲気を楽しむことも出来ます。

また2017年に発売された「今日からぼくが駅長さん!ガチャッと!アクションステーション」でも人気だった“ホームドア”を取り入れてあるので手動で開閉して遊ぶこともできます。

 

メーカー希望小売価格は税抜7,500円です。

 

created by Rinker
タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥5,989 (2020/08/08 23:38:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥921 (2020/08/09 13:55:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

© TOMY  「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。