仮面ライダーアマゾンズ

 

仮面ライダー生誕45周年を迎える今年は、様々な企画で盛り上がっています。先週末からは、「原点にして頂点」のキャッチフレーズのもと劇場版「仮面ライダー1号」も公開されましたが、本日4月1日からは完全新作の「仮面ライダーアマゾンズ」がAmazonプライム・ビデオにて独占配信開始となりました。

昭和仮面ライダーシリーズにあって異色の仮面ライダーとして賛否両論あった「仮面ライダーアマゾン」。

それが装いも新たに「仮面ライダーアマゾンズ」となって帰ってきました。

~第1話の内容紹介~

1. Episode1「AMAZONZ」

アマゾン。それは未知の生命体。そして全ての始まり。人工生命体を人型に成長させる実験「アマゾンプロジェクト」が大手製薬会社・野座間製薬で秘密裏に行われていた。しかし、二年前研究施設内で事故が起き、約四千の実験体が街に解き放たれた。

制御装置である腕輪が人間のタンパク質を好む、いわば人喰いという実験体本来の特性を抑え込んでいたが、その効力も約二年と残された時間はあまりに少なかった。野座間製薬は実験体駆除のエキスパート・駆除班を組織し、その対処に明け暮れていた。

その一方で「アマゾンプロジェクト」の責任者・水澤令華のもとに二年前から養子として引き取られた一人の青年・水澤悠がいた。彼も自らの変調に気付きつつあるのであった。そしてアマゾンを狩るアマゾン、鷹山仁も独自に行動を開始していた。その男の目的は以前謎のままである…様々な思惑が錯綜する中、悠と仁の出会いによって物語は大きく動き出すのであった。(引用:仮面ライダーアマゾンズ

 


【特報】仮面ライダーアマゾンズ (東映特撮YouTube Official)

 

早速見てみましたが予想以上にがっつり作りこまれていて驚きました。そして、今回は敵の怪人も全て一括りで「アマゾン」。

また、上記説明にもあるように「人喰い」なので若干のグロテスクさを伴います。

名前は「仮面ライダーアマゾン」であっても内容は旧「仮面ライダーアマゾン」とは全くの別物の完全新作です。

人類の敵の方を狩る側の主役アマゾンは今回は2人。「仮面ライダーアマゾンオメガ」と「仮面ライダーアマゾンアルファ」。

 

仮面ライダーアマゾンがAmazonで“再起動”!“養殖と野生”2人のアマゾンが主人公 「仮面ライダーアマゾンズ」制作発表記者会見1(maidigitv)

 

46 分とそこそこ見応えもありますので、プライム会員でない方は無料お試し会員になって是非どうぞ。
(プライム会員の会員特典で現在「仮面ライダー」のテレビシリーズ23作品+映画31作品が無料配信中です)

「仮面ライダーアマゾンズ」は毎週金曜日配信予定の全13話となっています。

 

Amazonプライム・ビデオで「仮面ライダーアマゾンズ」を見る⇒ 仮面ライダーアマゾンズ

 

また主要なキャストは以下の方々です。(敬称略)

仮面ライダーアマゾンオメガ・水澤悠:藤田富
仮面ライダーアマゾンアルファ・鷹山仁:谷口賢志
水澤美月:武田玲奈
泉七羽:東亜優
志藤真:俊藤光利
マモル:小林亮太
高井望:宮原華音
三崎一也:勝也
福田耕太:田邊和也
水澤令華:加藤貴子
加納省吾:小松利昌
橘雄悟:神尾佑
天条隆顕:藤木孝

(C)2016「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 (C)石森プロ・東映

 

 

追伸:プレミアムバンダイで「仮面ライダーアマゾンズ 変身ベルト DXアマゾンズドライバーセット」も本日午前11時より予約販売が開始となります。

icon
icon
仮面ライダーアマゾンズ 変身ベルト DXアマゾンズドライバーセット
icon