昭和家電ガジェット「ザ・昭和シリーズ」

平成の時代も残りわずかというこの時期に、もう一世代昔の昭和の時代の懐かしい家電をミニチュアサイズにした昭和家電ガジェット「ザ・昭和シリーズ」がタカラトミーグループの株式会社タカラトミーアーツから発売されることになり、第一弾として『昭和スマアトテレビジョン』『昭和レコードスピーカー』『昭和ミニラジカセ』の3種が2019年2月28日(木)に発売されます。

 

こちらは『ザ・昭和シリーズ』のコマーシャル動画です。


「昭和を止めるな!」ザ・昭和シリーズCM集

 

 

 『昭和スマアトテレビジョン』

『昭和スマアトテレビジョン』

昭和の時代にテレビと言えばアナログのブラウン管テレビ。今のような薄っぺらい液晶テレビと違って箱型で、発売当初は本当に中に人が入っていると信じられていたとかいなかったとか。

そんな昭和のブラウン管テレビを再現した『昭和スマアトテレビジョン』では、お手持ちのスマートフォンに専用アプリをダウンロードし、本体にセットすることで、画面サイズを設定すると、「しばらくお待ちください」という画面のあと、昭和風のレトロな画質で動画が再生されます。

また、動画は5本までダウンロードできるので、本体右側の「黄金ダイヤル」を回すことで、選択した5つの動画チャンネルを変えることが出来ます。昭和テレビはチャンネルをガチャガチャまわして切り替えていたんですよね。
『昭和スマアトテレビジョン』

裏側もこだわって作り込んであるあたりさすがです。

『昭和スマアトテレビジョン』

 

本体サイズ:W160mm×H173mm×D65mm(約5分の1スケール)

希望小売価格:3,980円/税抜

created by Rinker
タカラトミーアーツ(TAKARATOMY A.R.T.S)
¥2,874 (2019/04/25 03:29:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

『昭和レコードスピーカー』

『昭和レコードスピーカー』

最近も再びアナログレコード用のレコードプレイヤーが流行りはじめて、LPレコード盤なども復刻されていますが、この『昭和レコードスピーカー』はそんなレコードプレイヤーが持ち運べるスピーカー付きの「ポータブル版」として発売されていたもののミニチュア版になります。

そして、こちらも単なるミニチュアコレクションではなく、ここは今どき「Bluetooth®対応のワイヤレススピーカー」になっています。

 

操作方法は、本物さながらにシングルレコード盤とソノシートのミニチュアが1枚ずつ付属していて、それをターンテーブルの上において針を動かすと音楽が流れる仕組み。

ちなみにソノシートというのは雑誌の付録などで付いていたペラペラのプラスティックレコード盤のことです。シートというだけあって本当に透き通るぐらいの薄さです。(今回付属のものは実際のソノシートとは違ってソノシート風の緑のディスクっぽいですが)

『昭和レコードスピーカー』

『昭和レコードスピーカー』

また、レコードの再生にはシングルとアルバム(LP盤)とで回転数が異なったため、このミニチュア『昭和レコードスピーカー』にも専用アプリ使用時に45回転風と33回転風の2種類のスピードで音楽を再生することができるというギミックも付いています。

それだけでも懐かしいかもしれませんが、さらにアプリ画面に表示されているレコード盤に触れると、スクラッチ音がするという仕掛けもあります。

本体サイズ:W135mm×H42mm×D66mm(約3分の1スケール)

希望小売価格:4,980円/税抜

なお、こちらは動作用に別途単4アルカリ電池4本が必要です。

created by Rinker
タカラトミーアーツ(TAKARATOMY A.R.T.S)
¥3,794 (2019/04/25 03:29:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

『昭和ミニラジカセ』

『昭和ミニラジカセ』

昭和の時代に音楽を録音するための定番商品が「ラジカセ」。「ラジオ」と「カセットテープ」が合体したもので、まだデジタルの音源もなく、レンタルレコードなども無かった時代には、ラジオから流れる音楽をカセットテープに録音してから再生して歌を覚えていたのです。

あるあるネタでは、テレビの歌番組などを録音しようとテレビのスピーカーの前にラジカセを持っていって録音していると、家族の誰かの声や咳払いなどの音が一緒に録音されて「もぅ~!!」っていうまさにアナログな昭和の時代。

そんなラジカセのミニチュア版『昭和ミニラジカセ』でもラジオが聞けるほか、サイズ約3.2cmのミニカセットテープを本体にセットして録音することが可能になっています。

そのままAMやFMのラジオの音をインラインで録音できるほか、上記のような外部の音を録音することも可能。音楽番組で、好きな音楽をいかに雑音を入れずに録音できるかというあの緊張感を味わうことも可能です。

カセットテープは表と裏(A面とB面)にそれぞれ5分間ずつ録音が可能となっています。また、カセットテープならではの、早送りや巻き戻し時のキュルキュルという音も楽しむことが出来ます。

希望小売価格:5,480円/税抜

本体サイズ:W121mm×H64mm×D34mm(約3分の1スケール)

こちらも動作用に単4アルカリ電池3本が別途必要です。

created by Rinker
タカラトミーアーツ(TAKARATOMY A.R.T.S)
¥3,560 (2019/04/25 03:29:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

昭和が青春時代の方々には懐かしく、今の方々には新しい、古き良き時代のザ・昭和シリーズで、20世紀少年になってみませんか。

 

タカラトミー公式ショッピングサイト ⇒⇒⇒ タカラトミーモール
icon
⇒⇒⇒ ザ・昭和シリーズ
icon
©T-ARTS