『サライ』2024年6月号
中尊寺金色堂

 

かつてヴェネツィアの商人マルコ・ポーロはアジアを旅した際の旅行記「東方見聞録」にて日本のことを「黄金の国ジパング」として世界に紹介されています(実際には日本には訪れておらず、中国での”伝聞録”となっています。また、マルコ・ポーロが旅していたのは日本で言えば鎌倉時代にあたります)。

そんなマルコ・ポーロは1324年に亡くなられているので、2024年の今年は没後700年の年となります。

そんな黄金の国ジパングの魅力に迫った『サライ』2024年6月号が本日2024年5月9日(木)に発売されました。

 

『サライ』2024年6月号

特別付録として、建立900年を迎えた中尊寺金色堂に安置されている33体の仏像「内陣諸尊」の綺羅びやかな写真が誌面4ページ分に匹敵する長さ約76cmの引き出し付録にて閲覧できます。

そのままポスターとして飾っても映えそうですね。

 

『サライ』2024年6月号
5.4m四方、高さ約8mの金色堂に33体もの光り輝く仏像が安置されている中尊寺金色堂の引き出し付録画像

 

また、特集の中身は以下。

第1部

金を効果的に使った三大建築である、岩手県の「中尊寺金色堂」、京都府の「鹿苑寺金閣」、栃木県の「日光東照宮陽明門」を訪ねます。その起源から歴史、構造、使われた技術などを、詳細な写真と専門家の解説とともに紹介。

第2部

屏風絵、蒔絵、金沢箔、京象嵌…黄金をふんだんに使った日本が誇る芸術作品をご紹介します。

第3部

ニッポンの黄金史を辿ります。日本には弥生時代に到来したとされる金。そこから現代に至るまでの歴史を振り返ります。

第4部

世界的にも価格が高騰している金。国内唯一の金鉱山や「埋蔵金伝説」など、黄金の今を追います。

 

『サライ』2024年6月号
『伊勢物語』の第9段「八橋」を題材にした、国宝の尾形光琳『八橋蒔絵螺鈿硯箱(やつはしまきえらでんすずりばこ)』。(東京国立博物館蔵)

 

『サライ』2024年6月号
静電気が起きにくい、竹箸と和紙を巻いた天狗爪を使い、金箔の良否を一枚一枚確認する金沢の箔職人、山崎茂さん(77歳)。(金箔屋さくだ)

 

『サライ』2024年6月号
繊細で優美な細工が特徴の京象嵌。純金の細い針金を嵌め込んだ細かい線が優美な香合。(中嶋象嵌)

 

 

ちなみに、黄金の国の代表的な建物といえば第一部にも紹介されている「鹿苑寺(ろくおんじ:通称「金閣寺」)」を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、金閣寺という寺はなく、正式には鹿苑寺というお寺の敷地内にある建物の舎利殿「金閣」のことで、こちらはマルコ・ポーロの時代より少し後の室町時代に当時の三代目将軍・足利義満によって建立されたものです。さらに余談で言えば、足利義満将軍といえばアニメ「一休さん」でも有名ですよね。

そんな鹿苑寺金閣の壁と天井に金箔が貼られ、床が黒漆塗りの第三層「究竟頂(くっきょうちょう)」の写真は息を呑むほどの美しさです。普段は非公開となっていて実際に見ることは出来ませんが、このまま美しさを保っていてもらいたいので仕方ありませんね。

 

鹿苑寺金閣第三層「究竟頂(くっきょうちょう)」

 

 

また、誌面ではほかにも「機械式腕時計」の特集や「Ginza脇屋」のオーナーシェフで料理人の脇屋友詞さんのインタビューなど。

『サライ』2024年6月号は一般書籍が特別価格税込980円。付録のないデジタル書籍は各電子書籍店によりますが、概ね600円前後となっています。

[PR]
created by Rinker
小学館
¥980 (2024/05/23 20:27:22時点 Amazon調べ-詳細)
[PR] [PR]
created by Rinker
¥1,650 (2024/05/23 20:27:22時点 楽天市場調べ-詳細)