『Mini Jubilee(ミニ・ジュビリー)シリーズ』

 

世界中の名だたるロックギタリスト御用達のギターアンプと言えばイギリスのマーシャル社による「マーシャル」アンプ。

 

創業者であるJim Marshall(ジム・マーシャル)の50年間におけるミュージック・シーンでの活躍とマーシャル社設立25周年を記念して制作された記念モデルの『Silver Jubilee(シルバー・ジュビリー)』シリーズ。

ロックシーン全盛の1987年に発売されたこの『Silver Jubilee』は、そのマーシャルサウンドはもとより100Wと50Wの出力切り替え機能を搭載するなど、当時としては画期的なモデルとしても紹介され、ガンズ・アンド・ローゼスのスラッシュやレッド・ホット・チリペッパーズのジョン・フルシアンテなど多くのアーティストを魅了。歴代マーシャル・アンプの中でも人気モデルになりました。

そんなマニア垂涎の『Silver Jubilee』のミニモデルが昨年発売され、いよいよ日本でも総輸入代理店の(株)ヤマハミュージックジャパンより2017年2月22日(水)に新シリーズ『Mini Jubilee(ミニ・ジュビリー)』の「2525C(コンボ)」および「2525H(ヘッド)」が発売されます。

 


Marshall 2525 Mini Jubilee – Product Demo Marshall Amplification

 

今回の『Mini Jubilee(ミニ・ジュビリー)シリーズ』は出力20Wながら、基本仕様は100Wのオリジナルモデルと同様にプリアンプにECC83管(3本)、パワーアンプにEL34管(2本)を搭載した2チャンネルの本格派です。

また、フロント・パネルのスイッチでHighとLowの出力切り替えを行なうことが可能で、20ワットから5ワットへと音量や独特のトーン変化が楽しめます。

さらに、リア・パネルにはFXループや4/8/16Ωに対応したスピーカー・アウトも備えています。

 

以前は輸入で30万円くらいしているショップも有りましたが、もうそんな必要もありません。

メーカー希望小売価格はスピーカーを搭載したオールインワンのコンボモデル『マーシャル ギターアンプ(コンボ)「2525C Mini Jubilee」』が税別160,000円(税込172,800円)、アンプヘッド部分の『マーシャル ギターアンプ(ヘッド)「2525H Mini Jubilee」』が税別140,000円(税込151,200円)となっています。

 

概ねどこの楽器店でも2割引きになっていて、コンボでも税込138,240円前後で購入出来ます。

ちなみにアメリカでは1,500ドルで販売されています。(Amazonで1,499.99ドル)、今日は1米ドルが約114円前後ですから約17万円とほぼ日本の税込定価ですね。

サイズはコンボモデルの方で概ね50cm四方ほど( 490× 475 × 280mm)です。