耳で楽しむ「聴く読書」のオーディオブック。プロの声優やナレーターの方が小説やビジネス書などを朗読してくれるので通勤通学のスキマ時間に楽しむことができ、特に車の運転中などは本を読むことができないのでラジオ代わりに私も愛用させていただいています。

そのオーディオブックに『アナと雪の女王』の日本語吹替版でアナ役を担当し、第9回声優アワード主演女優賞も受賞した神田沙也加さんが登場。

実在するAIロボットMusio(ミュージオ)をモチーフとしたファンタジー小説『Musio Ⅰ:電脳メイロ』の主人公メイロ役を担当されて、日本最大のオーディオブック配信サービス「FeBe」にて本日12月14日(木)から配信がスタートしました。

オーディオブック販売サイトのFeBe!(フィービー)で試聴する方は下記へどうぞ

 

こちらは『Musio Ⅰ:電脳メイロ』のオーディオブック予告動画


【神田沙也加主演】『Musio I:電脳メイロ』予告

 

こちらは原作小説の『Musio Ⅰ:電脳メイロ』

 

 

そしてこちらが実際に販売されているAIロボットの「Musio(ミュージオ)」。AKAが自社開発した最先端技術のDeep Learning(ディープラーニング)基盤の人工知能エンジン「Muse(ミューズ)」を搭載していて、自ら考えて会話することが出来るというロボット。それだけに価格も10万円前後しています。

 

この小説『Musio Ⅰ:電脳メイロ』は著者が真山碧さんイラストが‎山代政一さん、編集が NANA ME Designによる書き下ろし小説で2017年4月14日に発売。発売翌週(2017年4月17日〜2017年4月23日)の紀伊国屋書店全国ウィークリー・デイリー文庫ランキングでも第1位を獲得しています。

ちなみに今作が『Musio Ⅰ』になっていることからもわかるように、原作は全3部作で第2部作目となる書籍「Musio Ⅱ:電脳天使」は2018年上旬の販売予定とのことです。

 

 

今回のオーディオブックでは神田沙也加さんの他にナレーターなどに福寿淳さん、大橋未歩さん、重塚利弘さんなども出演されています。

再生時間は6時間9分。ファイル容量は337.9MB。

販売価格は税込432円となっています。意外と安かったのでびっくりしました。

 

ちなみにオーディオブックはPCやスマホなどにダウンロードしてMP3プレイヤーなどで再生するだけです。スマホなどには専用のアプリもあります。また、何度でもダウンロードは可能ですしパソコンやスマホ、タブレットなど様々なシーンで利用できるので便利です。

また、今回は既にAIロボットの『Musio』を持っている方はMusioがオーディオブックを再生してくれたりもするみたいです。

 

詳細、ご購入はオーディオブック販売サイトのFeBe!(フィービー)にて。